So-net無料ブログ作成

「水とワイン」 [iphone]

数日前に、アレンジのお仕事納品。プチオーケストラ編成を書いたのだが、「オケのスコア」は初めてだったので、家にある「モルダウ」見ながら、諸々記譜を参考にした。
音出るとこが聴けないのが、残念である。

そして、毎年恒例、9月のイベントのための弦四アレンジ始動!
役一ヶ月後くらいにはリハやらなあかんのに、まだ一行も書いてません。
頭の中では、あれとこれと、あんな風にして、各曲のバランスと変化がこうで・・・と、アイデアは出るけど、まとまらない。
まず、原曲イメージをそのまま表現しようと思っている、ヂスモンチの「水とワイン」から取り掛かることにした。この曲は、参考資料がCD音源のみ。音をとりながら何度も聴いていると、作品と演奏の深みに、魂を揺さぶられ続ける。一生懸命冷静さをとり戻しながら、音とり終了。
出来上がった、ラフ譜見てると、自分で弾きたくなって、ピアノの前に座った。「ヂスモンチごっこ」。
まあ、しかしナンですわ、自分のピアノのヘタさ加減に呆れます・・・。一人で恥ずかしくなって、すぐヤメました・・・
冗談みたいな話はさておき、この繊細な曲をぶち壊さないような演奏するために、今から、練習、トレーニング、やっとかないといけないなあ。あ、ピアノじゃないです、ヴァイオリンです、もちろん。

梶栗麻紀
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。