So-net無料ブログ作成

自家製アンチョビ [iphone]

冷蔵庫で半年熟成させたイワシ(ズボラして放ったらかしてただけ・・・)、オリーブ油に浸けました。自家製アンチョビ、いい感じです♪
2018-03-12T23:28:04.JPG2018-03-12T23:28:04.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

ゴッホ展〜京都近代美術館 [iphone]

今回は、ゴッホとジャポニズムの関係性を追った展示で、日本初公開の絵も数展。
中で私の一番気に入った絵が、ハガキになってたので、お土産に購入。
お隣にいらした二人連れの女性「うわあ、真ん中の二人、足ある〜?って感じやなあ・・・」そうそう、ホントに幻想的。夜の森でしょうか?どこへ続いているのでしょう?夢のような色です。森の木々の梢の色に、見入って見入って、魅せられて。
2018-03-01T09:23:00.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ [iphone]

先日、カニ旅行に行ったついでに、
金沢に足をのばしたのですが、
石川県出身のパティシエ辻口博啓氏のお店、ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュでケーキを味わってきました。

お菓子の芸術品ですな。
2018-03-01T02:40:06.JPG2018-03-01T02:40:06.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

楽譜販売始めました [iphone]

弦楽四重奏の楽譜販売を始めました。
これから、アイテムをふやして行く予定です。
ぜひ、のぞいてみてください。

http://www003.upp.so-net.ne.jp/makikajikuri/
nice!(1)  コメント(0) 

茨木市にある楽園 [iphone]

以前から気に入ってた「ユニバーサル園芸」がリニューアルして、ガーデニング専門のこんな素敵なことになってます!来月にはカフェもオープンらしい。
別のユニバーサルなんチャラなんかよりよっぽどいいとこですが・・・・

暑いです。



梶栗麻紀
image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

三月吉日 [iphone]

幼稚園の門をくぐって、
力強い足取りで、背中だけをこちらに向けて、
ずんずんと歩いて行く。
幼稚園最後の朝、見えなくなるまで、その後ろ姿を見送った。

大きくなったね。
お姉さんになったね。
ママは、入園式のときの写真なんか引っ張り出して懐かしんだりしている。
それからのいろんな写真が、君の成長をつたえてくれているのに、
私はといえば、あいかわらずバカなことばっかりやっているなあ・・・

卒園、おめでとう。
これからも、何度も君の背中を見送りながら、
声の枯れるまで応援するよ。

がんばってはたらくぞー!

し・ご・と・く・だ・さ・い・・・・・
nice!(0)  コメント(0) 

「大いなる沈黙へ」 [iphone]

「あったらいいな」という物は、
「なくてもいい物」なんやで。

欧州に暮らす友人が言った言葉を、今も思い出す。
当時、気楽な身分で、友人たちを頼って、ときどき欧州にぶらぶら旅に出たりしていた。ちょっと旅行したくらいで他の国のことなどはわかるはずもないのだが、観光ツアーではなかったので、人々の暮らしなどもちょっと垣間見れて、今思えば貴重な体験だった。
私が訪れた都市が、大都市ではなかったせいもあるのかもしれないが、おしなべて、日本人のようにモノを欲しがらないように見えた。そのことに不自由を感じてるわけでもなさそうだった。日々の暮らしを自分たちらしく落ち着いて過ごしてるように見えた。
感化されやすい私は、それから何年かはそんな暮らし方に憧れていた。

月日はずいぶんと経ち、その間に、私の住む街には、辻々ごとにコンビニがしらじらとした光を夜を徹して撒き散らし、隔駅くらいに作られる巨大ショッピングモールが、画一的な商品で人間を均一化し、資本主義がステレオタイプな生き方を植え付けて利益を吸い上げ続ける。バカバカしいとは思いながらも、否応無しに巻き込まれている。

改めて、そんなことを考えてしまった映画が、今、巷で話題の「大いなる沈黙へ」、フランスの、戒律の厳しい、グラン・シャルトルージュ修道院のドキュメンタリー映画だ。監督が、6ヶ月、修道士たちと暮らしを共にしながら撮影されたもので、戒律によって、日曜日の午後以外は会話が禁じられているので、台詞はほとんどなし、撮影の条件として、ライトなし、カメラ一台、ナレーションなし、音楽なし。カメラは、修道院のたたずまいと山の景色の美しさに調和した修道士の日々を丁寧になぞるように映し出す。
厳粛なムード、研ぎ澄まされた沈黙・・・そんな予想を胸に映画館を訪れたが、見終わってみると、意外というか、生きることに対する積極的な表現を感じとれる映画だった。静かな暮らしではあるのだが、どなたかが感想に書かれていたように、案外いろんな音にあふれている。椅子を引く音、布地をピンとのばす音、立てかけてある金物器が微風にそよがれてカタカタなる音。石造りの建造物のせいだろうか、それらは存外大きく響く。決して心地悪い音ではない。私たちは、日頃、様々な不要な雑音にまみれて、「存在に付随する音」に対して無頓着になっていることに、改めて気付かされる。
修道士たちは、一日の大半の時間を占める「祈り」を通じて、「自分の内なるところに響く神の声」を聞く。それは即ち、「自分自身と向き合う」ということなのだと思う。「神」という象徴を媒体として、日々自分の内なるものと向かい合う。大半の日本人がそうであるように、私は無神論者だ。「神」という象徴を持たぬが故に、彼らのように内なる自分と相対することが困難になっているのか。
戒律は厳しいが、その暮らしは、苦行ではなく、安らぎに満ちているように見えた。「すべてを捨ててその身を神に委ねる」・・・捨てられないような、必要なものが、そんなにあるのだろうか?自分の内面にこそ本当に大切なものがあるんじゃないのか?物質文明は、人間をガラクタに埋れさせて、本当に大切な目に見えないことを奪っていったのだなあ・・・

世界のすべての人間が、この物質市場主義の社会について、今一度考え直すときが来ていると思う。そうでなければ、これからも、人々は心を病み、戦争が起こり、環境は破壊され、今の文明社会は滅んでしまうだろう。その時生き残った人々と、この修道士たちの姿が重なって見える。そのとき人類は、永く失っていた自分を取り戻すことができるのではないか・・・そんなことを想像した。

光と影の織りなす美しい絵のような、静かな成り行きに、まどろみそうにもなりながら見ていると、だんだん、そのペースに慣れてくる。見終わったころには、すべてのシーンが雄弁に心に語りかけてくる。ぜひ、映画館で、グラン・シャルトルーズを体験してください。






nice!(0)  コメント(0) 

高砂に来てました。 [iphone]

長いお仕事終わりました。
バンド撤収、積み込んで高速走って帰ります。

一人、心の中で、「深夜高速」ごっこ

♪青春ごっこを今も 続けながら旅の途中
ヘッドライトの光は 手前しか照らさない・・・♪

但し、
私は撤収積み下ろしに役立たず、
演歌バンド、
メンバーは芸人顔負けのキャラ。

♪感じることだけがすべて
感じたことがすべて・・・♪

週末は、
神戸クラブ月世界、
フラワーカンパニーズ、
「フォークの爆発」だ!

気分盛り上げて行こうぜ〜っっ
!!





梶栗麻紀
__.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

今年も、無事、譜面完了 [iphone]

低弦、譜面、資料発送!

行ってらっしゃい、我が子らよ・・・
見送るおいらは、肩の荷が一気に軽くなる。あとは、家族関連奏者の譜面だから、気楽だし。
郵便物が着いたら、先方は、「なんじゃこりゃー」と、荷が肩に乗っかるわけである。

これじゃあ、まるで、「不幸の郵便物」・・・
いやいや・・・

楽しいコンサートです。
9/13、お昼、Ocatの宝くじドリーム館のイベントです。のぞきに来てね。




梶栗麻紀
__.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

「水とワイン」 [iphone]

数日前に、アレンジのお仕事納品。プチオーケストラ編成を書いたのだが、「オケのスコア」は初めてだったので、家にある「モルダウ」見ながら、諸々記譜を参考にした。
音出るとこが聴けないのが、残念である。

そして、毎年恒例、9月のイベントのための弦四アレンジ始動!
役一ヶ月後くらいにはリハやらなあかんのに、まだ一行も書いてません。
頭の中では、あれとこれと、あんな風にして、各曲のバランスと変化がこうで・・・と、アイデアは出るけど、まとまらない。
まず、原曲イメージをそのまま表現しようと思っている、ヂスモンチの「水とワイン」から取り掛かることにした。この曲は、参考資料がCD音源のみ。音をとりながら何度も聴いていると、作品と演奏の深みに、魂を揺さぶられ続ける。一生懸命冷静さをとり戻しながら、音とり終了。
出来上がった、ラフ譜見てると、自分で弾きたくなって、ピアノの前に座った。「ヂスモンチごっこ」。
まあ、しかしナンですわ、自分のピアノのヘタさ加減に呆れます・・・。一人で恥ずかしくなって、すぐヤメました・・・
冗談みたいな話はさておき、この繊細な曲をぶち壊さないような演奏するために、今から、練習、トレーニング、やっとかないといけないなあ。あ、ピアノじゃないです、ヴァイオリンです、もちろん。

梶栗麻紀
nice!(0)  コメント(0)